凡事を徹底することが、
毎日の安全へとつながる。

私たちは日頃から5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)を念頭に置き、
仕事の中の些細なことでも、決められたルールを守りながら取り組むことで、
高水準の安全環境を目指しています。

基本理念

危険な状況や不慮の事故は、普段と違う行動をとったときに発生するもの。各現場での安全を確保するため、弊社では全社員がルールに基づいた行動をとるように徹底しています。
毎日の同じ行動を習慣づけたうえで作業にあたることで、自ずと環境の変化に気づくことが可能に。事故を未然に防ぐ「気づき」をもって、常に安全な現場であるように努めています。

作業開始前の朝礼
安全衛生方針
  1. 安全最優先を基本理念とし、安全・安心な会社を目指す。
  2. 労働安全衛生に関する法令、社内基準など、安全の基本ルールを守り、不安全な行動及び不安全設備を排除する。
  3. 環境整備に取り組み、働きやすい職場を整える。
安全衛生目標
  1. 不安全な行動による災害の防止。
  2. 三大災害(墜落・転落災害、建設機械・クレーンなどの災害、倒壊・崩壊災害)の防止。
  3. 職場の環境整備の徹底。
  4. 業務上疾病予防対策及び健康管理。
※「平成30年度 安全衛生計画」より

目標達成のための取り組み

年度ごとに「安全衛生計画」を策定し、これに則した施策を実施。毎月、全社安全衛生会議を開催し、現場の状況・進捗を常に社員間で共有するなど、全社員が一体となった取り組みを行っています。

全社安全衛生会議

奥多摩建設工業では月に一度、全現場代理人が集まり安全衛生に関する会議を行います。この会議では、事故を未然に防ぐために、現場で実際に起きた事例や安全な施工方法を共有します。

現場の状況・進捗の共有

奥多摩建設工業では現場代理人の全てにタブレット端末を支給し、常に最新の情報を共有できるようにしております。現場での疑問点、難しい施工がある場合は適宜現場の状況を報告、共有することで解決策を見出します。

Page top